生産管理の仕事を生産管理経験者の管理人がわかりやすく解説します

生産管理の仕事

生産管理はアパレル の仕事には珍しく、横文字ではないため仕事内容が想像しやすいかと思います。

その名の通り生産を管理する仕事なのですが、実際に何をするのか生産管理の実務経験のある管理人が詳しく解説します。

生産管理の仕事内容

大手企業などでは仕事量の多さから生産管理として独立した職種の場合もあれば、小さい会社やデザイナーズブランドのように企画・生産管理と呼びMDやデザイナー業務と合わせて担当することもあります。

どちらも生産管理の業務内容としては違いはありませんので、今回は生産管理の仕事のみをまとめて解説します。

簡単なアイテムの仕様書作成

企画・生産管理としている企業の場合、カットソーなどの簡単なアイテムに関しては、パタンナーに依頼せずに仕様書を生産管理が作成してサンプルを依頼する場合もあります。

サンプルの管理

依頼したサンプルが指定したスケジュール通りに上がってくるか、生産管理が確認します。

量産品の管理

量産品の発注後に納期は問題ないか、指示通りに生産は進んでいるか工場側と密になって確認するのが生産管理の一番の仕事です。

洗濯ネーム、折りネーム、下げ札の手配

量産品に使用する洗濯ネームや、折りネーム、下げ札などを用意するのも生産管理の仕事になります。

それらを付属屋に発注し、工場に発送します。

洗濯ネームの表記に問題があると最悪、返品処理を行う事態になるのでとても重要な業務となっています。

検品

出来上がった量産品が工場へ指示した通りに仕上がっているか、洗濯ネームや折りネームがきちんと付けられているかを量産品の中から抜き取り確認します。

返品商品への対応

商品に何か問題があり返品が行われた場合には修理をするのか、新しいものに交換するのかなど納品後の商品の問題を管理するのも生産管理の仕事です。

生産管理に向いてる人

生産管理は名前の通りアパレル の中でも堅いイメージがある職種になります。

感性が求められやすいアパレル 業界の中でも、きちんと仕事をこなせる人材が求められるのが生産管理の特徴です。

細部まで気を配れる人

アパレル においては小さいミスが一大事になることは決して少なくありません。

洗濯絵表記に問題はないか、下げ札の値段に間違いはないかなど細かいところにまで気を配れる人が生産管理には向いているでしょう。

責任感が強い人

流行のあるアパレル で納期は非常に重要になってきます。

ときには1日納期が遅れただけで売り上げに影響する可能性もあります。

納期遅れがないようにしっかりと生産スケジュールを管理するには強い責任感が必要でしょう。

アパレル で働きたいが専門的な知識が低い

大卒などでアパレル で働きたいが専門学校を卒業している訳ではないので専門的な知識がないという方にも生産管理はおすすめです。

大きい企業だと生産管理業務が独立していることが多く、専門的な知識がなくても入社可能な場合が多いです。

まとめ

生産管理の仕事は内容だけみると地味に感じるかも知れませんが、ブランドの信頼性に関わる非常に重要な職種のひとつです。

また、生産管理の仕事はデザイナーやMDの仕事に繋がることもありますので最終的にそれらを目指している方も、アパレル の生産から納品まで一連の流れに携われる生産管理を経験しておくと今後のプラスになるでしょう。

シェアしたいボタンをクリック