パタンナーの仕事をアパレル経験者の管理人がわかりやすく解説します

ファッションデザイナーへの道筋


パタンナーは洋服が好きなに人は聞き覚えがある人も多いかと思いますが、一般の方にはなかなか馴染みのない職業かも知れません。

今回はパタンナーについて初めて聞く人にもわかりやすいように詳しく解説していきます。

パタンナーの仕事内容

パタンナーの方はどのような過程を通して平面の布から立体の洋服へと仕上げていくのでしょうか?

その過程をひとつずつ解説していきます。

デザイナーからパターン作成の依頼を受ける

まずはデザイナーからデザイン画などのパターン作成のための指示を受け取ります。

デザイン画などの内容から立体の洋服の完成図を想像しどのようにパターンに起こすかを考えます。

パターンの作成

実際にパターンを作成します。

今ではほとんどの企業がCADというソフトを利用してパターンを作成しますが、中にはイラストレーターというデザインソフトや手書きで作成する方も少なからずいます。

トワル組み

トワル用のシーチングという布を使用して仮縫いを行う行為をトワル組みといいます。

トワル組みは半身のみで行うこともあります。

トワル組みを行うことで、作成したパターンが想像通りの洋服になるかを仮縫いをしてチェックします。

サンプル作成

実際に量産で使用する布でサンプルを自ら作成もしくはサンプル作成を受け持つ工場に依頼します。

サンプルのチェック

出来上がったサンプルを元にデザイナーと確認します。

修正点などがあれば内容を共有しパターンの修正を行います。

グレーディング

マスターパターンが完成したらグレーディングを行っていきます。

グレーディングとはマスターサイズがMサイズならSサイズやLサイズのような違うサイズに展開する行為を言います。

量産開始

グレーディングも完了したらいよいよ量産開始です。

量産する工場にパターンを送ります。

量産用のパターンをもとに量産品が生産されます。

量産品のチェック

量産品の中から一部を抜き出し、「サイズは指示通りに作成されているか?」「ポケットの仕様は間違っていないか?」「付属の位置は間違っていないか?」ひとつひとつ細かく確認していきます。

パタンナーに向いてる人

次にパタンナーにはどんな人が向いているのか見ていきたいと思います。

ファッションに着心地やシルエットの良さを求めている人

デザイナーが「感覚的にファッションを創造する人」と例えるとパタンナーは「論理的にファッションを創造する人」と言えるかも知れません。

「切替の位置はあと5mm下げたほうがシルエットもよく見えるよね」など論理的な服作りをしたい人はパタンナーを目指すべきかも知れません。

几帳面な人

パターンは縫代ひとつ間違っていても正しい洋服は生み出されません。

完成したパターンに間違いはないか、何度も確認することもあるでしょう。

細かい事にこだわらない大雑把な人はパタンナーとしては不向きかも知れません。

職人気質な人

パターンの作成中はCADを利用しプログラマーのようにパソコンと長時間、孤独に向き合う時間も多いことでしょう。

孤独に仕事へ向き合うその姿勢は職人気質な人には向いている職業でしょう。

まとめ

今回はパタンナーの仕事について解説しました。

パタンナーの仕事が洋服を生産する上でいかに重要な職業かということがわかってもらえたかと思います。

今着ている洋服がパタンナーによってひとつひとつ計算されて生産されたものだと考えるとパタンナーの凄さが実感できますね。

また、パタンナーはとてもクリエイティブな仕事でもあり、パタンナー出身でオリジナルブランドを開始する人も多いのが特徴です。

シルエットにこだわったブランドを始めたいという方はパタンナーからキャリアをスタートさせるのもいいかも知れません。

シェアしたいボタンをクリック