レディースウェアをメンズが着るのをあまりおすすめしない理由を解説

レディスウェアをメンズが着るのをあまりおすすめしない理由を解説

こんにちはre:Fashion管理人です。

ファッション好きな方でレディースウェアがかわいいので着てみたいという方は案外多いのではないでしょうか。

また、実際レディースウェアを着ているという方も中にはいるかも知れません。

しかし、管理人はメンズがレディースウェアを着ることをあまりおすすめしません。

管理人

管理人も学生の頃はレディースウェアを着ることもありましたが今ではほとんど着ることはありません。

なぜレディースウェアを着ることをおすすめしないのか。

わかりやすく解説していきます。

レディースウェアをメンズが着るのをあまりおすすめしない理由

レディスウェアをメンズが着るのをあまりおすすめしない理由

レディースウェアをメンズが着るのをあまりおすすめしないのには理由があります。

管理人

こんなエピソードがありました。

管理人がファッションの専門学校に入学した当時、18歳の学生の中にはレディースウェアを着ている方が結構いました。

コム・デ・ギャルソンの変形ジャケットなどは着ていたらかなり目立ちますね。

レディースのジャケットを着ている生徒に当時の先生が「打ち合わせ逆のジャケットを着ていて恥ずかしくないの」ということを言いました。

ファッション好きな方なら当然知っていると思いますがメンズのジャケットは打ち合わせが右前(左見頃が上側)でレディースのジャケットが左前(右見頃が上側)となっています。

その生徒もそれは当然知っていました。

若いからというのもあるのでしょうがレディースで着たい服があるから着ていたのでしょう。

しかし、卒業する頃にはレディースウェアを着ているメンズの人はほとんどいなくなります。

アイテムによってはいると思いますが打ち合わせ反対のジャケットを着ている人は皆無でしょう。

洋服を学ぶにつれてレディースウェアを着るのに抵抗が出てくるんですね。

レディースウェアがどんなにおしゃれでもそもそも造りがまったく違うんです。

いろいろなことに挑戦することは大切ですが間違った挑戦はしないほうがよいですね。

メンズが着るのをおすすめしないレディースアイテム

メンズが着るのをおすすめしないレディスアイテム

ここではアイテム毎におすすめしない理由を詳しく解説していきます。

ジャケット

ジャケットは先ほど打ち合わせが逆と言いましたがそれ以外にも理由があります。

女性には胸にふくらみがありダーツによってそのふくらみがデザインされています。

そのため女性のジャケットは胸がある前提でデザインされているんですね。

また、女性は男性に対しウエストが細いためウエストの絞りもメンズのウェアよりも大きいです。

管理人

他にも肩幅が全然違うなどあげればキリがありません。

レディースのジャケットは造りがまったく違うことがわかっていただけだでしょう。

体型のまったく違う男性が着ると違和感があるのは当然です。

胸がないのに胸の部分が膨らんでいるんですから。

シャツ

シャツもジャケットと同じ理由でおすすめしません。

打ち合わせも違いますし胸のダーツが入っています。

中にはユニセックスのシャツがなどがありますがたいてい大きめに作られておりダーツなどが入っていないのが特徴です。

女性の方はメンズの大きめのシャツを着てもなぜか似合ってしまう人が多いんですよね。

女性は大きめを着ることで胸のふくらみをカバー出来るので違和感なく着ることが可能です。

パンツ

レディースのパンツを穿いている方は以外と多いかも知れません。

管理人も学生の頃は穿くこともありました。

しかし、パンツもレディースに関してはヒップが大きめに作られていてパターンがまったく異なります。

見る人が見ればレディースのパンツを穿いているなというのがすぐにわかります。

どうしてもレディースのパンツを穿くなら太めのストレートなどがよいかも知れません。

布帛全般はおすすめしない

いろいろとアイテムを見てきましたが共通点があります。

管理人

それはどのアイテムも布帛だということですね。

布帛のアイテムは基本伸びないので体型に沿ってパターンが作成されています。

女性の特徴的な体型の胸のふくらみやヒップのふくらみはパターンの造りで表現されて形そのものがメンズウェアとは違うんですね。

このことから布帛全般のアイテムはあまりおすすめしません。

着るにしても知識を得てからのほうが失敗は少ないでしょう。

メンズが着用可能なレディースアイテム

メンズが着用可能なレディスアイテム

先に見ていただいた通り布帛全般はあまりおすすめしないことがわかりました。

管理人

ではカットソーはどうなのか。

カットソーもレディースウェアは肩幅が狭かったりウエストが絞られていたりするのであまりおすすめはしません。

しかし、胸のダーツなどはカットソーには見られないのでまだ着やすいでしょう。

パーカーなどのアイテムはユニセックスを目的に作られているモノも多いのでそういうアイテムに関しては着用可能かと思います。

結論メンズに似たようなアイテムがあるのであれば無難にメンズを着たほうがいいよねということですが。

まとめ

今回はレディースウェアをメンズが着るのをあまりおすすめしない理由を解説しました。

ファッションは何を着ようが本人の自由だしそれがレディースウェアだろうといいではないかという声もあるかと思います。

その通りではありますが知識もなく体型に全然合わない服を無理やり着ていることがそもそもおしゃれなのかというのもありますよね。

レディースウェアとメンズウェアでは造りがまったく異なるということは知識として持っておいたほうがよいでしょう。

シェアしたいボタンをクリック