MD(マーチャンダイザー)の仕事をMD経験者がわかりやすく解説

MD(マーチャンダイザー)の仕事

今回はアパレル 業界におけるマーチャンダイザー(以下MD)の仕事についてMD経験者でもある管理人が詳しく解説します。

ファッションが好きでデザイナーやパタンナーを目指して専門学校などに進学する人には、なかなか馴染みのない職種かも知れません。

管理人も専門学校入学するまで知りませんでした。。

しかし、MDはブランドの企画を担うとっても重要な職種でもあるんですね。

MD(マーチャンダイザー)の仕事内容

MDの仕事は簡単に言えば「商品企画」や「販売計画」となります。

では実際にどのようなことを行うのか順に解説していきたいと思います。

市場調査

デザイナー同様、MDにとっても市場調査重要な業務の一つとなります。

MDはシーズンのトレンドなどを俯瞰で観察する傾向にあります。

デザイナーとの企画

デザイナーなどと今シーズンどのような服が売れるかを話合い、コンセプトやシーズンテーマを企画します。

予算の調整

全体の予算を元に、「アイテムごとの型数はどれくらいにするか?」「どのアイテムをどれくらい生産するか」などを決定します。

生産管理

生産に関しては企業ごとに異なりますがMDが生産の管理をすることもあるでしょう。

工場とどれくらいのコストで生産できるかを交渉するのもMDの役目となります。

希望のコストに合わない場合はデザイナーなどと打ち合わせをして、デザインの変更などを行い希望のコストに合うように調節します。

また、生産開始後は予定の納期にきちんと商品が納品されるかを工場と打ち合わせをします。

商品の納入

前年や市場のリサーチを元に出来上がった商品をどの店舗に何枚ずつ納品するかを決定します。

無事に商品が納入出来たらMDが直接、店舗スタッフに納品した商品の説明をします。

販売傾向の確認

納品後、商品が順調に売れているかを日々観察していきます。

順調に商品が売れている場合はMDが追加発注の指示を出す必要があるでしょう。

MDに向いてる人

次にMDにはどんな人が向いているのか見ていきたいと思います。

大学卒業後にアパレル 業界を目指す人

MDは他の職種とは違い、大卒の割合が非常に多いのが特徴です。

逆にファッションの専門学校卒でMDになった人大手アパレル だと稀だと思います。

仕事内容的にもマーケティング寄りの仕事内容ということもあるので、洋服の専門知識がなくても目指せる職業となっています。

大手のアパレル などは販売職と総合職が完全に別れていることが多いのでMDを目指すには総合職での入社を目標にしましょう。

安定志向でアパレル 業界で働きたい人

大学卒業後にアパレル を目指したいが専門職は不安だしどちらかと言うと一般企業に就職したいという方はMDを目指すとよいでしょう。

また、MDの仕事はアパレル 以外でも通用する業務内容かと思いますので他業種への転職も他の職種に比べて有利でしょう。

将来独立希望の方

「自分のお店を持って独立したい」「アパレル で経営したい」という方にとってもアパレル業界 全体を俯瞰できるMDの仕事は最適でしょう。

MD出身のアパレルメーカー経営者は非常に多いです。

コミュニケーション能力の高い人

MDは企画の段階からデザイナーとの打ち合わせ、生産工場との納期や値段の交渉、販売員への商品解説などとにかく人と関わることが多い職種です。

コミュ障ですと自覚のある方は正直、厳しいかも知れません。

まとめ

今回はMDの仕事について解説しました。

「MDの仕事ってやること多くない?」って思った方も多いと思います。

はっきり言ってやることはめちゃめちゃ多いです。

アパレル の中でも業務数で言えば断トツでトップでしょう。

MDを目指してやっとMDになれたと思ったら予想以上に大変なんだけどと思うこともあるでしょう。

その分やりがいもある職種だと思います(給料もその分他の職種より高いはずです)のでMDを目指す方は覚悟の上で目指してみてはいかがでしょうか?

シェアしたいボタンをクリック