映画『We Margiela マルジェラと私たち』のレビュー

映画『We Margiela マルジェラと私たち』のレビュー

こんにちはre:Fashion管理人です。

今回は映画『We Margiela マルジェラと私たち』のレビューとデザイナーであるマルタン・マルジェラについて解説します。

別の投稿でファッションデザイナー関連の映画をまとめているのですが今回はそのうちのひとつである『We Margiela マルジェラと私たち』についてのレビューを詳しくまとめたものになります。

ファッションデザイナーを描いた映画を10個集めてみた【まとめ】

ファッションデザイナーを描いた映画を10個集めてみた【まとめ】

この映画を見れば謎の多いマルジェラについて少しは知ることができるでしょう。

まずはデザイナーのマルタン・マルジェラについて解説します。

マルタン・マルジェラについて

マルタン・マルジェラについて

マルタン・マルジェラはベルギー出身のファッションデザイナーです。

マルタン・マルジェラはファッションの名門校であるアントワープ王立芸術学院を卒業されました。

マルジェラの卒業した一年後にアントワープ6と呼ばれるデザイナーが輩出されており後にマルジェラ もその並びの一人として扱われることも多いです。

卒業後はフリーランスデザイナーとして5年間働き、その後の1985年から1988年にジャンポール・ゴルチエの元で経験を積んでいます。

1989年には自身のブランドであるメゾン・マルタン・マルジェラを立ち上げパリコレクションでデビューします。

マルジェラは1997年から2003年まではエルメスのデザイナーも務めました。

2002年にメゾン・マルタン・マルジェラがディーゼルを擁するOTBグループに買収されます。

その影響もあって2008年にはメゾン・マルタン・マルジェラとの関係を断ちそれ以降は事実上引退状態にあります。

マルジェラはメディアにほとんど顔を出さないことでも有名で素顔を知る人は一部に限られています。

『We Margiela マルジェラと私たち』のレビュー

『We Margiela マルジェラと私たち』のレビュー

ここでは『We Margiela マルジェラと私たち』のレビューをします。

『We Margiela マルジェラと私たち』はメゾン・マルジェラを描いたドキュメンタリー映画となっています。

残念ながらこの映画にはマルジェラ本人は一度も登場しません。

管理人

逆にマルジェラファンにとっては謎のままというほうがよいのかも知れませんが。

この映画ではマルジェラがいかにクリエイティブなデザイナーかということを改めて実感します。

途中インタビューでマルジェラはアーティストであり服を通じてアートを表現していると語られていますが実際にその通りだと思います。

マルジェラの服作りは流行を意識することなく流行りの色なんてものも関係なく感じたものを形にしていくその行為は既存のファッションとはかけ離れています。

マルジェラがコム・デ・ギャルソンの影響を強く受けているのも頷けます。

マルジェラをまったく知らない人がこの映画を見ても正直さっぱりな映画でしょう。

しかし、マルジェラファンにとっては大変貴重な映画なのは間違いありません。

またクリエイティブな物づくりを目指している人にとっても外せない映画でしょう。

映画『We Margiela マルジェラと私たち』を見るには

こちらはamazonのprime videoもしくはU-NEXTでの視聴が可能です。

U-NEXTは31日間は無料で利用できるので是非この機会にお試しください。

まとめ

今回は映画『We Margiela マルジェラと私たち』のレビューとデザイナーであるマルタン・マルジェラについて解説しました。

マルジェラ好きにとっては大変貴重な映画となっています。

まだご覧になっていない方は是非この機会にご覧になってみてはいかがでしょうか?

シェアしたいボタンをクリック