「お洒落は足元から」は正しいのかをアパレル経験者が紐解く【検証】

「お洒落は足元から」は正しいのかをアパレル経験者が紐解く【検証】

「お洒落は足元から」と誰しも一度は聞いたことがありますよね?

しかし、この意味を実際に知っている人はどれくらいいるのでしょうか。

正直、管理人も聞いたことはあったけど深く考えたことはありませんでした。

そしてブログのことを考えている時に「そういえばお洒落は足元からって言われているけど本当かい」と思い検証してみることにしました。

それでは早速はじめます。

なぜ「お洒落は足元から」と言われているのか

なぜ「お洒落は足元から」と言われているのか

まずはなぜ「お洒落は足元から」と言われるようになったのかを調べてみることにしました。

手元にある本の中には参考になりそうなものはなかったのでググることに。

親切にも「実用日本語表現辞典」に書かれていたので引用いたします。

服装に気を使う時は、特に靴に注意を払うべきであるとする語。靴を強調する理由は定かではないが、生活レベルや几帳面さを靴から判断する慣習に由来すると考えられる。

実用日本語表現辞典

「靴を強調する理由は定かではない」と書いてあるということはなんとなくということでしょうか。

これでは説得力に欠けるのでもう少し調べてみました。

するとどうやら「足元を見る」ということわざが語源という説が有力だということがわかりました。

このことわざの意味は「相手の弱みにつけこむこと」です。

足下がしっかりしてないとどんなにおしゃれをしていても相手につけこまれるすなわちおしゃれではないということでしょうか。

だいぶわかってきましたね。

「お洒落は足元から」は正しいのか

「お洒落は足元から」は正しいのか

では次に「お洒落は足元から」は正しいのか検証していきたいと思います。

管理人が疑問に思ったのが「お洒落は足元から」の「から」の部分です。

足下も油断ならないというはわかるのですがこの言葉通りだと足元からお洒落をしましょうというニュアンスにとれてしまいます。

捉え方によっては「お洒落な人は足元からコーディネートするんだ」という誤解が発生してしまいます。

はじめ靴からコーディネートする人なんてなかなかいませんよね?

しかし、足元がお洒落に重要なのは変わりはないので「お洒落は足元も」程度の認識のほうがよいのではないでしょうか。

もしくは「から」に続く部分が「お洒落は足元から見られている」と続けばわかりやすいですね。

まとめ

今回は「お洒落は足元から」について検証してみました。

とりあえずお洒落をするなら足元も油断をするなという認識でよいかと思います。

でもこれって足元に限らずヘアスタイルであったり爪の手入れであったりどこにでも当てはまりそうですよね?

もしかしたら誰かがなんとなく飲みの場で「お洒落は足元からだよね」と言ったのがこれだけ広まってしまったのかも知れませんね。

ボロボロのスニーカーではいかんよねということで今回は締めたいと思います。

シェアしたいボタンをクリック