ファッションデザイナーの仕事をアパレル経験者がわかりやすく解説

ファッションデザイナーの仕事

あなたはファッションデザイナーの仕事について知っていますか?

「あたりまえじゃないですか?洋服のデザインする人ですよね?」という答えが多いと思いますが、この答えは半分正解ですが実際ファッションデザイナーの仕事はそれだけじゃないんですね。

ファッションデザイナーは実際に何を行っているのか詳しく解説します。

ファッションデザイナーの仕事内容

ファッションデザイナーの仕事はファションのデザインに限らず多岐にわたります。

ファッションデザイナーは何をしているのか詳しく見ていきましょう。

市場調査

市場のトレンドを調べて売れるアイテムを調査するのもファッションデザイナーの仕事です。ライバル企業や似たようなジャンルのお店の売れ筋を探るため定点観測を行うこともあります。

デザインの提案

市場のトレンドやブランドイメージを考えシーズン毎に新しいデザインを提案します。デザインの提案の仕方は手書きでデザイン画を作成したり、イラストレーターなどのデザインソフトを利用したりと人によって異なるでしょう。

仕様書の作成

洋服の型紙の作成は本来パタンナーの役目ですが、カットソーやスカートなどの簡単なアイテムであればデザイナーが仕様書を作成してサンプルの依頼まで行うこともあります。

生地(テキスタイル)の選定、デザイン

デザインに合わせた生地を選定するのもデザイナーの仕事です。単純にいいものを選べばいいわけではなく上代に合わせてコストとの兼ね合いを考えて選ぶ必要があります。

デザイナーズブランドなどではオリジナルの生地を作成している会社もあり、デザイナーが生地のデザインまで行うこともあります。

プリントのデザイン

プリントTシャツのデザインも自社のデザイナーが行うことがほとんでしょう。

外部のグラフィックデザイナーに依頼することもありますが、デザイナーがイラストレーターやフォトショップを使える場合がほとんどですので自社のデザイナーが行うことが多い傾向にあります。

付属の選定

ファスナーやボタンなどデザインにあった付属をデザイナーが選択します。

以外に大変なのがこちらで例えばファスナーだとファスナーの素材(メタルかビスロンなど)、スライダーの種類、テーブの色、スライダーの色などファスナーを一つ決めるのにもたくさんの内容があります。

ブランドによってはオリジナルのファスナースライダーを使用しているブランドもあるのでその際はスライダーのデザインを指示する必要も出てきます。

ブランドネームのデザイン、下げ札のデザインなど、洋服以外の付属をデザインを必要とする場合もあります。

サンプルを元にデザイン、パターンの確認

サンプルが仕上がったらイメージ通りのデザインに仕上がっているか確認するのもデザイナーの役目です。

付属の色や形はデザインに合っているか、着丈やサイズ感は問題ないか、縫製はきちんとできているか細かく確認していきます。

実際に着用してみて思っていたサイズ感と違うなどあればパタンナーに修正の指示を出す必要があります。

MDとのコストの調整

サンプルを作成、見積もりが出たら希望の上代で商品を販売出来るかMDなどと打ち合わせをします。

コストが予定より高くなってしまったら、「ポケットをなくすなどのデザインの変更」「付属を安いものに変更もしくは減らす」などのコストカットを行わなくてはなりません。

ファッションデザイナーに向いてる人

次にファッションデザイナーにはどんな人が向いているのか見ていきたいと思います。

ファッションが好きな人

これが一番重要ですね。

ファッションデザイナーになった人でファッションに興味がない人は一人もいないはずです。

仮にファッションに興味がない人がなったところで、かなり大変な仕事なのでなっても続かないでしょう。

センスに自身のある人

そもそもセンスがよくないとファッションデザイナーには向いていませんね。

自分のセンスに自信がない人は諦めたほうがいいかも知れません。

スポーツメーカーなどの機能を目的としたデザインなどはまた別のものになるので、自分に向いているものを見つけることも大切かも知れません。(それもセンスですかね)

コミュニケーション能力の高い人

これが以外と重要です。

デザイナーって孤独にデザインだけを行っているイメージがあるかも知れませんがそんなことはありません。

オリジナルのブランドを持っていて縫製まで自ら行っている人も稀にいますが、大半が企業デザイナーなどでしょう。

企業デザイナーである限り社内ではMDやパタンナーとの打ち合わせ、社外では工場とのやりとりなど多岐に渡ります。

これはファション業界に限らずデザイナー全般に言えることかと思います。

デザイナーとアーティストとの大きな違いがここかも知れません。

まとめ

今回はファッションデザイナーの仕事について解説しました。

ファッションデザイナーってたくさんすることがあるんだなと感じた方も多いはずです。

最近だとニュースで「タレントが新しいブランドをデザイン、プロデュース」などよく目にしますが、実際行っているのはファッションデザイナーの仕事全般の一部でしかなかったりするんですね。

実際に有名なモデルでデザイナーとして活躍している人のデザインを目にしたことがありますが有名ブランドの服の写真にポケットが書いてあるだけということもありました。

それが出来るのは知名度のあるタレントだけなのは言うまでもありません。

「タレントが洋服をデザイン」などの記事を見て簡単になれそうじゃんと思ってファッションデザイナーを目指すのは、後々大変な目に会うことになるので注意が必要です。

シェアしたいボタンをクリック