『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』について

こんにちはre:Fashion管理人です。

今回は映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』のレビューとデザイナーであるドリス・ヴァン・ノッテンについて解説します。

別の投稿でファッションデザイナー関連の映画をまとめているのですが今回はそのうちのひとつである『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』についてのレビューを詳しくまとめたものになります。

ファッションデザイナーを描いた映画を10個集めてみた【まとめ】

ファッションデザイナーを描いた映画を10個集めてみた【まとめ】

この映画を見ればドリス・ヴァン・ノッテンのクリエーションを深くまで覗くことが可能な作品となっています。

まずはデザイナーであるドリス・ヴァン・ノッテンについて解説します。

ドリス・ヴァン・ノッテンについて

ドリス・ヴァン・ノッテンについて

ドリス・ヴァン・ノッテンはベルギー・アントワープ出身のファッションデザイナーです。

今でこそアントワープはファッションデザイナーを輩出する都市として有名ですがそれはこのドリス・ヴァン・ノッテンの功績にもよります。

アントワープ王立芸術アカデミーを卒業後、政府が企画したプロジェクトに参加したことがきっかけで「アントワープ6」として注目されます。

91年にパリコレに参初加。

93年にはレディースのコレクションも開始します。

現在でもパリコレを代表するブランドの1つとして活躍しています。

南青山にはトゥモローランドが運営している旗艦店もあります。

デザインは花柄やエスニック調のオリジナル生地を巧みに合わせた素材使いが印象的なブランドです。

映画にも登場するインドの工房で施された刺繍の作品も多く見られます。

『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』のレビュー

『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』のレビュー

ここでは『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』のレビューをしていきます。

この映画はドリス・ヴァン・ノッテン本人が語るドキュメンタリー形式の映画となっています。

ファッションショーの準備中やその舞台裏などを中心にドリス・ヴァン・ノッテン本人がクリエーションについて語っていきます。

ドリス・ヴァン・ノッテンのアトリエからインドに構えた刺繍の工房まで余すことなく見ることが可能なとても貴重な映画となっています。

管理人

管理人は元々アイテムをいくつも購入するほどドリス・ヴァン・ノッテンが大好きなのでとても満足のいく内容でした。

ファッションにあまり詳しくない方でも一流ブランドのクリエーションを覗けるのは刺激になることでしょう。

ドリス・ヴァン・ノッテンは生地や刺繍に定評のあるブランドでどれだけそれにこだわっているかというのが映画から感じとれます。

映画の中でドリス・ヴァン・ノッテンが時代を超えたタイムレスな洋服の創造を目指していると語ったシーンがあります。

そしてトレンドを追わず感性に従った服作りを行っているとも。

それがドリス・ヴァン・ノッテンの洋服に表現され唯一無二のアイテムを生み出しているのだと理解できる印象的なシーンでした。

『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』を見るには

こちらはDVDもしくはU-NEXTでの視聴が可能です。

U-NEXTは31日間は無料で利用できるので是非この機会にお試しください。

まとめ

今回は映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』のレビューとデザイナー「ドリス・ヴァン・ノッテン」について解説しました。

ドリス・ヴァン・ノッテン好きな方はもちろんファッションデザイナーを目指す方には必見の映画となっています。

ドリス・ヴァン・ノッテンをよく知らないけど気になっているという人も是非一度ご覧ください。

見終わった時にはドリス・ヴァン・ノッテンの服が着たくなることでしょう。

シェアしたいボタンをクリック