カットソー丸わかり【素材から商品まですべてをわかりやすく解説】

カットソー丸わかり

ファッションに携わっている人だと当たり前だったりするカットソー。

ですが以外に知らない人が多いのもカットソーなんですよね。

管理人がアパレル 企業でMDだった時、店頭に商品説明へ行った際に「カットソー」という言葉を当たり前に使用していたのですが新入社員の方などで知らない人が何人かいたことに驚いた記憶があります。

今回はそんなカットソーについて知らない人もすぐにわかるように詳しく解説します。

カットソーとは

カットソーはとても身近な存在です。

今現在、恐らくカットソーの何かひとつは着用していることでしょう。

いきなりですが、あなたはカットソーの名前の意味を知っていますか?

カットソーとは英語の「Cut and sewn」の発音が変化したもので、「切って縫った」商品のことを指しています。

「切って縫っている商品なんてほとんどじゃん」と思う方も多いと思いますが、はいその通りです。

ではそれら全部がカットソーなのかと言うとそうではありません。

カットソーには絶対的な条件が一つあります。

それは素材が「ニットであること(しかも天竺やフライスなどカットソーっぽい素材限定)」というのが絶対条件です。

「ニットって何」というと簡単に答えると編み物ですね。

Tシャツや靴下など肌着に使うような素材は全部伸びますよね?

これらはすべてニットになります。

その中でも肌着に使われるような薄いニット素材だけがカットソーの素材として認定されます。(実際は人によって基準があいまいだったりもします)

反対にシャツやデニムなどしっかりした素材は布帛(ふはく)という織物になります。

カットソーの商品

カットソーがどのようなものかわかったところで次にどのような商品がカットソーに分類されるか見ていきたいと思います。

Tシャツ

これはカットソーの王様的な存在ですね。

誰がなんと言おうがカットソーなのは揺らぎません。

Tシャツのように伸びる素材のものはカットソーに分類されると覚えておきましょう。

ポロシャツ

襟が付いていようが伸びる素材で、カットしてソーしていればカットソーです。

デザインで後ろ身頃だけシャツの素材になっていたりするややこしい商品も存在しますがひとまとめでカットソーに分類してよいでしょう。

タンクトップ

こちらもカットソーの中のカットソーですね。

ムキムキの人が伸びないタンクトップを着ていたら大変なことになってしまいます。

スウェットシャツ(トレーナー)

こちらもカットソーに分類されます。

スウェットには裏毛や裏起毛というカットソー素材が使用されています。

スウェットパンツ

こちらもスウェットシャツ同様カットソーに分類されます。

フリースなどの似たような素材でもカットソーという認識で問題ありません。

パーカー

パーカーは注意する必要があり、カットソー素材のモノに関してはカットソーに分類されるが、布帛のモノに関してはカットソーではないという点です。

Tシャツやスウェットと同じ素材のモノに関してはカットソーという認識で問題ないでしょう。

カーディガン

こちらは非常にややこしいのですが、ニットでもTシャツやスウェットとは異なり厚手のニットなどでカットしてソーしたモノに関してはニットソーなどと呼んだりすることもあります。

カットソーのカーディンガンは割合としては少なめですが、カットソーのカーディガンもあるんだなくらいの認識でよいかと思います。

カットソーの素材

最後にカットソーに分類される素材を見ていきましょう。

カットソーの素材はいくつかありますが、今回は王道4点に絞り説明します。

天竺

プリントTシャツなどに使用されている素材が天竺になります。

Tシャツのほとんどがこの天竺素材を使用しています。

フライス

タンクトップなどに使用されている素材でピチピチでもたくさん伸びるのが特徴です。

肌着用のTシャツなどにも使用されます。

編み方の種類としては靴下と同じ丸編みという編み方で「伸びる」というのが特徴だと覚えておけばよいでしょう。

鹿の子

こちらはポロシャツによく使用される素材です。

天竺やフライスより表面がボコボコしているのが特徴です。

裏毛

スウェットに使用されている素材が裏毛になります。

裏側がタオルのようになっているのが裏毛の特徴です。

似たような素材で裏起毛という素材がありますが、こちらは名前の通り裏側が起毛されてふわふわしているのが特徴です。

まとめ

今回はカットソーについて解説しました。

これからアパレル を目指す方などはカットソーは職種などでも布帛と大別されることが多いのでしっかり学んでおくとよいでしょう。

デザイナーや生産管理などでカットソー部門、布帛部門などと別れている企業も多いことでしょう。

それ以外の方はカットソーについて知らなくても何も問題はないのですが、知っておいても損はないと思いますのでファッションに少しでも興味がある人は覚えておくとよいでしょう。

シェアしたいボタンをクリック