キャッシュレスがファッションに与える影響とは何かわかりやすく解説

こんにちはre:Fashion管理人です。

コロナの影響も相まってキャッシュレスの風潮が広まってきていますね。

管理人は昔から現金よりクレジットカードでの支払いを好みあまり現金を使ってきませんでした。

クレジットカードで支払えばマイルも貯まるし当然といえば当然ですよね。

管理人

単純にクレジットカードの支払いのほうが得だと考えていました。

それに加え最近では電子マネーのpaypayも利用しているので現金はほとんど使用していません。

一部現金しか使えないことがあるので多少は持ち歩いていますが。

どちらかと言うとキャッシュレス推進派です。

そんなキャッシュレスですがファッションに与える影響とはどのようなものがあるのか。

今回解説していきます。

キャッシュレスがファッションに与える影響

キャッシュレスがファッションに与える影響

キャッシュレスがファッションに与える影響は単純に財布を必要としなくなることでしょう。

管理人

これは当然ですがそれだけではないと思っています。

キャッシュレスという考え方はファッションの定義にも影響を与えると考えています。

キャッシュレスが進むことで財布を持つことは古いという見方がされていくことになるでしょう。

反対にキャッシュレスはクールだよねと思う人が増えていきます。

その影響で財布を持たないすなわち手軽なほうがクールだよねという風潮がますます強くなっていくと考えられます。

バッグを持たないもしくは小さめのバッグにするということも起きるでしょう。

財布を入れるようなポケットも必要ないよねということでよりミニマルなデザインが好まれる可能性が強くなっていくことも考えられます。

またキャッシュレスに限らず何もないことがおしゃれという考えが他のことでも生まれていくのではないでしょうか。

例えばアクセサリーも何も付けないほうがおしゃれだよねという風に。

タトゥーなんかもないほうがいいよねということになったら後悔する人が続出するかも知れません。

キャッシュレスによって影響を受けるアイテム

キャッシュレスによって影響を受けるアイテム

キャッシュレスによってどのようなアイテムが影響を受けるのか見ていきたいと思います。

財布

財布は当然影響を受けますね。

すぐになくなることはありませんが財布の小型化が加速するでしょう。

いずれなくなることも予想できます。

長財布を使っていたらおじさんなんて思われてしまうかも知れませんね。

バッグ

財布の小型化と共にバッグのサイズも小型化していくことでしょう。

バッグを持たない方の比率も以前より増えることが考えられます。

スマホケース

財布を持たない代わりにカードを入れれるようなスマホケースの需要が高まることが考えられます。

いろいろ持つよりスマホひとつで完結したいよねという考えがより強くなっていくことでしょう。

マネークリップ

個人的に現金はあまり必要ないのでカード類とお札だけでマネークリップでも十分かなと最近思っています。

同じような考えでマネークリップを使用する人が増えることも予測できます。

まとめ

今回はキャッシュレスがファッションに与える影響について解説しました。

個人的にはキャッシュレスには賛成です。

財布もそろそろ必要ないかなとも考えています。

キャッシュレスに限らずさまざまな生活様式がファッションに影響を与えるんですよね。

コロナによる感染対策もそのひとつかも知れません。

ファッションの定義が日々変化していることを認識してその変化を受け入れることも大切ですね。

シェアしたいボタンをクリック