ファッションバイヤーの仕事をアパレル経験者がわかりやすく解説

バイヤーの仕事

ファッション関係の仕事を目指す人の中にはバイヤーに憧れる人も多いですね。

専門職を除いてバイヤーは最も人気の高い職種のひとつになっています。

バイヤーは実際にどのような仕事をしているのでしょうか?

バイヤーの仕事についてわかりやすく解説します。

バイヤーの仕事内容

バイヤーは商品の買付けにとどまらず、他にもさまざまなことを行っています。

バイヤーの仕事についてひとつずつ見ていきましょう。

トレンドの調査

売れる商品を買付けるためには今の市場に何が必要かを探るアンテナを常に張っている必要があります。

コレクションの見学、ライバルショップの視察、インターネットからの情報収集などで最新のトレンドを探るのも重要な仕事のひとつです。

シーズン毎に商品の買付け

シーズン毎にお店で販売する商品を展示会に足を向けて買付けることはバイヤーの最も重要な仕事のうちの一つです。

ただ売れればいい訳ではなくそのお店に合った商品を買い付ける能力も必要です。

他のお店に置いてないが自分のお店では置いていて売れるような商品を見つけることが出来るかでバイヤーの腕が試されます。

買付け商品の説明

買付けた商品の魅力を販売員に詳しく説明するのもバイヤーの仕事です。

せっかく買い付けた商品もその魅力を言葉で伝えられないようでは魅力も半減してしまいます。

新規商品を納品したタイミングで販売員向けに説明会などを行うことが多いでしょう。

新規ブランドの開拓

アパレル は非常に移り変わりの激しい業界です。

現状に満足せず常に新しいブランドを発掘することもバイヤーの仕事です。

世にまだ出ていないブランドを開拓するのはバイヤーにとって最も重要な仕事の一つです。

バイヤーに向いてる人

多くの人が憧れるバイヤーの仕事ですがどのような人がバイヤーの仕事に向いてるのでしょうか?

早速みていきましょう。

トレンドを追うのが好きな人

バイヤーはファッションが好きなのはもちろん、世の中のトレンドに対して先を行くのも非常に重要になってきます。

時には洋服などのアイテムの他にスマホケースなどのガジェット周りのアイテムの買付けをすることも必要でしょう。

ショップのイメージにあった音楽を見つけて、音源を買い付ける必要があるかも知れません。

ファッションに限らず世の中のさまざまなトレンドに興味を持ち続けられる人はバイヤーに向いていると言えるでしょう。

英語が得意な人

英語は出来なくてもバイヤーになれる可能性はありますが、英語を生かしてアパレル で働きたい方にはバイヤーはうってつけでしょう。

インポートブランドを取り扱うセレクトショップでは海外への買付けも必須になってきます。

それらで働く際には英語が話せることは間違いなくプラスになるでしょう。

コミュニケーション能力の高い人

バイヤーはアパレル の中でも他社の人とたくさん関わる必要のある職種となっています。

毎シーズン商品を買付けて継続して良好な関係を結ぶにはコミュニケーション能力は必須となってくるでしょう。

まとめ

バイヤーに憧れている人は非常に多いかと思います。

販売員の方で将来バイヤーになりたいという方も多いことでしょう。

しかし、バイヤーは採用枠が非常に狭いのが特徴です。

そのため倍率も非常に高くなってしまいます。

簡単にはなれないバイヤーという職種ですがバイヤーになった際にはいろいろな展示会を見ることが出来たり、会社によってはコレクションを見学しに海外出張ということもあります。

なるのは難しい反面、非常にやりがいのある仕事かと思いますので

将来自分のお店を持ちたい方などには絶好な職種なのは間違いありません。

シェアしたいボタンをクリック