生産管理になるにはどうすればいいかわかりやすく解説します

生産管理になるには

生産管理は専門職と事務職の中間に位置しており、他の職種よりも多くの人が目指しやすい職種かと思います。

生産管理になるにはどうすればよいか、生産管理の実務経験のある管理人がわかりやすく解説します。

生産管理への道筋

生産管理は専門知識がなくても目指せるが専門知識があれば有利な場合もあるアパレル の中でも少し特殊な職種となっています。

どのような手順で生産管理を目指せば良いのか、それぞれの状況から検討していきたいと思います。

高校生の方

高校生で生産管理という職種について詳しく理解している人はほとんどいないかと思います。

アパレル に進みたいが専門学校と大学で迷っているという方にはどちらに進んでも目指すことが出来る生産管理という職業があるんだということを覚えてもらっておくとよいかも知れません。

管理人は基本的に専門職以外を目指す方には大学進学をおすすめてしていますので、アパレル で働きたいが何になりたいか今の段階では特に決まっていないという方は大学進学のほうがよいでしょう。

ファッション系の専門学校生の方

生産管理に関しては学校で学ぶというより実践で学ぶ印象の強い職種になっています。

学生のうちは学校でしか学べないデザインやパターンを中心に学ぶとよいでしょう。

生産管理はどちらかというとデザイナー希望の方が企画・生産管理として希望するのが多い印象です。

デザイナーズブランドなどでもデザインはブランド創設者の方が行い、アシスタント的なポジションで企画・生産管理として募集していることも多いでしょう。

就職活動では今まで経験した服作りの知識やパターンの知識が評価されますのでポートフォリオにまとめておきましょう。

デザイナー希望の方などにも言えることですが、実務で仕様書を作成する際にイラストレーターやエクセルを使用するのでこれらの知識も学生時代に身につけておくと就職活動の時に有利でしょう。

大学生の方

アパレル 希望だが販売職ではなく内部で働きたいという方には生産管理を目指すのもひとつの手段かと思います。

大手企業などでは将来、生産管理として働く人を総合職として募集しており大卒のほうが有利なことが多いです。

大手が厳しかったとしてもOEMなどの小さい企業でも生産管理を募集していることが多いので、そこで経験を積むのもよいでしょう。

社会人の方

販売経験者や異業種経験者でも転職可能なのが生産管理のよいところです。

管理人も今までまったくの別業界から生産管理になった人に何人か会ったことがあります。

アパレル での内部勤務を希望しているが専門的な知識はないという方はまずは生産管理を目指すのがよいかも知れません。

まとめ

生産管理は正直、アパレル の他の職種に比べ地味な印象に見えるのでなかなか憧れて希望する人は少ないかと思います。

しかし、アパレル の生産から納品まで一貫して経験出来るのは生産管理の魅力です。

生産管理で経験した知識は後にいろいろと役に立ちますので、将来デザイナーやMDを希望する人にとっても学ぶことは多いでしょう。

シェアしたいボタンをクリック