パタンナーになるにはどうすればいいかわかりやすく解説します

パタンナーになるには

パタンナーという職業はアパレル の中でも非常に専門性の高い特殊な職業です。

また、デザイナーに次いで特に人気の高い職業となっています。

今回はパタンナーになるためにどうすればいいのかを詳しく解説していきます。

パタンナーへの道筋

パタンナーは専門性の高い職業ということもあって、パタンナーになるための選択肢はそれほど多くはありません。

高校生の方

パタンナーを目指すにはファッション系の専門学校に進むのが一番の近道でしょう。

どこのファッション専門学校でもパターンを専門とするコースを設定していることが多いので、そちらへ進むのを目標にするとよいでしょう。

大学への進学を希望する場合は家政科などがある大学で洋裁を学ぶことも可能なのでそちらへの進学を目指すのもありかも知れません。

ただし、家政科は女性専門だったりするので男性の方は注意が必要です。

ファッション系の専門学校生の方

専門学校の入学当初は全員共通のコースで学びそれからデザイナーやパタンナーのコースに分かれる学校も多くあります。

パタンナーを目指す方はやはりパタンナーのーコースに進むのがよいでしょう。

しかし、他のコースへ進んだからといってパタンナーになれないという訳ではなくどこのコースでもパターンの勉強はするのでそれほど心配する必要ありません。

就職活動ではCADが出来るか出来ないか内定に非常に差が出るでしょう。

学校内にCADがあり自由に使える場合は就職対策用にCADで作成したパターンのオリジナルのポートフォリオがあれば内定への近道になることは間違いありません。

CADが使えない場合でも手書きのパターンで希望する企業に向けたオリジナルアイテムのパターンをまとめたポートフォリオなどを作成しておけばよいでしょう。

大学生の方

ファッション系の大学以外の大学生がパタンナーを目指すには、時間のある学生のうちにダブルスクールなどでパターンを学ぶのが一番でしょう。

オープンカレッジなどでパターンを専門的に学べる短期の講座などもありますので、それらを利用してパターンを学び洋服を作成してみるのもありかも知れません。

パターンとCADのコースを取得してパターンの知識をある程度付ければパタンナーとしての就職の可能性も少しはあるでしょう。

しかし、パタンナーの仕事は専門色が強く奥が深いのでより学びを膨らませたい場合は専門学校の大学卒業生向けのコースなどでパターンを学ぶのも選択肢の一つです。

社会人方

いままでたくさんのパタンナーの方を見てきましたが、パタンナーに関してだけ言えば専門学校などでパターンを学ばずにパタンナーになった方を見たことがありません。

現在、販売員の方や別業界からパタンナーを目指す場合は夜間のファッション系の学校でパターンを学ぶことをおすすめします。

まとめ

パタンナーは専門性が高く、とても奥の深い職業です。

洋服の幅広い知識に加え、CADを使いこなせる必要があります。

パタンナーの仕事を見ていても、膨大な仕事量を淡々とこなしていてとても尊敬しています。

ものづくりをしている時にそれだけに集中できるような職人気質な人はパタンナーを目指してみてはいかがでしょうか?

シェアしたいボタンをクリック