MD(マーチャンダイザー)になるにはどうすればいいか解説します

MD(マーチャンダイザー)になるには

学生の方で「マーチャンダイザー(以下MD)ってよくわからないしどうやってなるの?」という方は非常に多いと思います。

管理人もMDを経験するまでMDについて知らないこともたくさんありました。

今回はMDになるために何をすべきかをMD経験者でもある管理人が詳しく解説します。

MDへの道筋

デザイナーやパタンナーなどと違い専門職の薄いMDは目指し方もそれらとは異なります。

MDになるにはどのようなキャリアを積んでいけばよいのか。

それぞれの状況毎に詳しく解説していきます。

高校生の方

高校生の頃から「自分は将来アパレルでMDになるんだ」という方はかなりの少数派かと思います。

なんとなく将来アパレル 系に行きたいけど大学は行っといたほうがいいのかなという人は素直に大学進学を目指しましょう。

MDに限らずデザイナーやパタンナーなどの専門職を目指す以外の方は正直、大卒のほうが有利な職種も多いのが現状です。

アパレル に就職したいけど何をしたいか決まっていないという方は大学進学をおすすめします。

ファッション系の専門学校生の方

学校にMDのコースがある人はMDのコースに進むのがよいでしょう。

しかし、就職活動でMDコースに在籍していからMDへの就職率が極端に上がるかといったらまったくそんなことはないので、学生中はパターンなど学校でしか学べないことを学び就職対策として架空のブランドをプロデュースしたポートフォリオを作り込むなどしたほうがよいでしょう。

また、大手企業のMDを目指し総合職を目指しても、正直専門学校卒では分が悪いです。

デザイナーズブランドなど小さい企業で洋服の知識があることは非常に有利になりますので、専門学校で学んだ洋服の知識を生かし、それらのMDを目指すほうがよいでしょう。

大学生の方

大学生の方でMD希望なら大手の販売職と総合職が別れているような企業であれば必ず総合職を目指しましょう。

販売職で入社して総合職へのキャリアチェンジを目指してもほぼ不可能に近いのが現実です。

セレクトショップ系など入社が全員販売職からスタートするような企業に入社するとしても、将来MDになることをイメージし入社を目指しましょう。

セレクトショップ系のMDを狙う方であればまずは違う会社でMDの経験を積み、転職して入社するのも一つの手かも知れません。

社会人方

販売員からMDになるのは小さい企業では頑張り次第では可能かと思いますが、大手企業などではまず無理でしょう。

大手企業などで販売員で時間を費やすのであれば、小さい企業に早めに転職してMDなど他の職種を目指すのもよいかもしれません。

小さい企業で販売員などをしている方はまずはMDアシスタントなどを希望して、MDアシスタント目指しましょう。

その後、経験を積みMDへのキャリアアップを目指すのがよいでしょう。、

企業によって販売員からMDなどのキャリアチェンジの前例がないような企業であればキャリアチェンジはほぼ厳しいと思うので早い段階で転職を行うのもよいかもしれません。

まとめ

アパレル の中でもMDは最もなるのが難しい職種の一つかも知れません。

その分給料もアパレル の職種の中でもかなり高給となっています。

MDを経験することで学べることは非常に多いので、MDを目指す方は諦めずに挑戦しましょう。

シェアしたいボタンをクリック