ファッションデザイナーになるにはどうすればいいか解説します

ファッションデザイナーになるには

ファッションデザイナーになりたいが何をしたらいいかわからない。

そんな方も多いと思います。

今回はファッションデザイナーになるために何をすべきかを解説していきます。

ファッションデザイナーへの道筋

これからファッションデザイナーを目指す方は状況によって取り組む内容が異なることでしょう。

それぞれの状況毎に詳しく解説していきます。

高校生の方

ファッションデザイナーを目指すにはファッション系の専門学校へ行くのが一番の近道です。

専門学校では洋裁からデザイン、パターンまで一貫して学ぶことが可能です。

どうしても大学に行かなくてはならないという方は、ダブルスクールで専門学校に通うという方法もあるでしょう。

ここまで見てもわかる通りファッションデザイナーを目指すにはかなりのお金が必要となってきます。

入学後もミシンの購入や備品の購入、学費もかなり高額となっています。

進学が難しいという方はかなり大変だと思いますがまずは販売員への道を目指し独学でファッションデザインを勉強しコンテストなどに応募するのも手かも知れません。

ファッション系の専門学校生の方

学校の課題以外にファッションコンテストなどに積極的に応募しデザイン力を身に付けましょう。

企業デザイナーを目指す方は希望のブランドに向けたポートフォリを就職に向けて作り込んでおきましょう。

これを行うか行わないかで就職の時にかなり差がつきます。

自身のブランドを持ちたい方は今はネットで簡単にECサイトを作成出来るので、学生のうちから制作した作品を売っていくのもおすすめです。

大学生の方

卒業後に専門学校に通い直すという方法もありますが、そこまでの余裕がないかたはオープンカレッジなどの短期間で学べる機会もありますのでそれらを利用して学ぶのもありかと思います。

それと同時にファッションコンテストなどは誰でも応募できるのでデザイン画を作成して応募してみましょう。

好きなブランドで販売員としてアルバイト経験を積み将来デザイナーになりたいということを積極的にアピールしデザイナーのアシスタントの座を狙うのも枠は少ないかもしれませんが一つの手かも知れません。

社会人方

ファッション学校によっては夜間に学ぶことも可能ですので、かなり大変ですが働きながらファッションを学ぶという選択肢も可能です。

すでにファッションの販売員として働いている方は簡単ではないですが、大学生の方と同様まずはデザイナーのアシスタントなどを目指すのもありかも知れません。

まとめ

ファッションデザイナーの仕事は以前は夢のある仕事でしたが、現在は不況の影響もありかなり厳しくなってきています。

昔は大手アパレル の企業デザイナーなどは比較的安定していましたが、今ではどこも本当に厳しい印象です。

しかし、今はネットの普及もあって個人でブランドを立ち上げネットで販売していくことも可能になりました。

自分を信じて精進していきましょう。

シェアしたいボタンをクリック