ファッションバイヤーになるにはどうすればいいか解説します

バイヤーになるには

今回はアパレルの中でも人気の職種、バイヤーになるにはどうすればいいかをわかりやすく解説します。

バイヤーへの道筋

バイヤーになるにはどのような手順を踏むのが正解か?

わからない方も多いと思います。

それぞれの状況からバイヤーになるために何をすればよいのか見ていきましょう。

高校生の方

バイヤーはアパレル の職種の中でも最も経験値が重視される職種のひとつです。

いい大学を卒業したから、専門学校でファッションを学んだからといってバイヤーになれる訳ではありません。

販売員からスタートしアシスタントバイヤーという経験を経てようやくバイヤーへとたどり着けます。

そのため高校卒業後、すぐに販売員として経験を積みバイヤーを目指すのも選択肢のひとつでしょう。

ファッション系の専門学校生の方

とりあえずファッションが好きだからファッションの専門学校に進学したという方で、その後バイヤーを目指すことになる人もいるでしょう。

バイヤーになるために専門学校で学べることは正直それほど多くはありません。

専門学校時代にはファッションについて総合的に学び、余裕があれば自分の好きなセレクトショップなどでアルバイトとして販売員の経験を積むのもよいかと思います。

そうすれば卒業する頃にはライバルとスタート地点で差がでることでしょう。

大学生の方

バイヤーに関しては新卒からバイヤーとして就職出来るということはほぼありません。

大手企業の場合、総合職として入社しその後バイヤーになれるといった企業も中にはありますがバイヤー自体の数が少ないのでかなりの競争率になることは間違いありません。

目指す企業についてどういった方法でバイヤーになれるか事前に調べておくとよいでしょう。

大学生の方も専門学校生の方と同様、在学中に販売員として経験を積むことで経験値に差がでるので余裕があればアルバイトで経験を積むのがよいでしょう。

また、バイヤーは英語が出来ることは間違いなく有利に働くので可能であれば海外留学などを視野にいれてもよいかもしれません。

社会人の方

未経験の方がバイヤーに転職するというのは残念ながらほぼ可能性はないでしょう。

バイヤーになりたいと思った早い段階でまずは販売員からキャリアをスタートさせるのがよいかも知れません。

その後、バイヤーのアシスタントを目指すのがよいかと思います。

まとめ

バイヤーは完全に実力勝負の世界になってきます。

自分がどれだけいいと思った商品もまったく売れなくては評価されることはありません。

とても大変な仕事の上、採用枠もかなり狭いのでアパレル の中でもかなりハードルが高い職種のひとつでしょう。

その分、バイヤーになって海外に買付けをしている姿は他の方の憧れになることは間違いありません。

シェアしたいボタンをクリック