おしゃれよりダサくないを目指すためのファッション講座【初心者必見】

おしゃれよりダサくないを目指す

今このブログを読んでいるあなたは少なからずおしゃれに関心がある人でしょう。

あなたはなぜおしゃれをしたいのでしょうか?

異性にモテたいから?かっこよくなりたいから?

いろいろな理由があると思います。

しかし、おしゃれに興味を持ち始めたばかりであったり、センスがないことを自覚している人はおしゃれをするのも簡単ではありません。

何をしていいかもわからないことでしょう。

朗報です。

全員がみんなおしゃれをする必要はないというのが今回の提案です。

それでは早速見ていきましょう。

おしゃれよりダサくないを目指したほうがいい理由

なぜおしゃれよりダサくないを目指したほうがいいのか?

そこには3点の理由があります。

ひとつずつ見ていきましょう。

おしゃれは簡単ではない

『ファッションセンスは簡単には身につけられない』でも詳しく解説していますが、おしゃれ初心者の方がおしゃれをしようとしても簡単ではありません。

センスは簡単には身につけられない

ファッションセンスは簡単には身につけられない【解決策あり】

それはなぜか。

そもそもファッションに対するセンスがないからです。

ファッションセンスは簡単には身に付けられるものではなく、長い時間をかけて徐々に磨かれていくものです。

なのでとりあえずはダサくならないように努力したほうがよいのです。

おしゃれしようと無理してダサくなることがある

センスのない人が無理をしておしゃれをしようとすると逆にダサくなってしまうということがよくみられます。

せっかく頑張ってダサくなるくらいならいっそのことダサくならないようにしたほうがいいよねということです。

ダサくならないだけならそれほど難しくはない

おしゃれは簡単ではないといいましたがダサくならないようにするだけならそれほど難しくはありません。

あまりにセンスがない人だと難しい場合もあるでしょう。

安心してください、後ほど解決方法を提案します。

おしゃれをする理由を明確にする

あなたはなぜおしゃれをするのでしょうか?

おしゃれをするのにはいろいろな理由があると思います。

しかし、理由によってはそれほど無理しておしゃれをする必要がない場合もあります。

異性にモテたい

異性にもてたいという理由のみでおしゃれをしているという人多いでしょう。

よくわからずにとりあえず流行りの服を着てみたり好きな芸能人などの服装を真似してみたりすることもあるかもしれません。

しかし、異性にモテたいという理由だけであればそれほどおしゃれをするために肩に力をいれる必要はありません。

異性の友達に聞いてみてください。

『おしゃれをしようとしてなんだかださい人』と『ダサくなくて清潔感のある人』どちらがいいかを。

大半の人が後者と答えるでしょう。

そうです、異性にモテたいだけであれば清潔感のあるダサくない格好をしていれば問題ないのです。

見た目で自分をアピールしたい

中にはバンドをやっていたりユーチューバーの方で自分をアピールするための手段としてファッション楽しみたいと思っている方もいるでしょう。

そういう人たちにとってはファッションはうってつけです。

ダサくなるのを恐れることなく突き進んでもらいたいですね。

はじめは失敗することも多いと思いますが徐々に自分に似合う服がわかってきてセンスも磨かれていくことでしょう。

大人になったのでTPOをわきまえたい

社会人にもなり恥ずかしくないようTPOをわきまえた服装をしたいという人も多いでしょう。

そのような人たちも無理におしゃれをする必要はありません。

ダサくならないことを目標に清潔感のある服装を目指しましょう。

仕事用とプライベート用でそれぞれダサくならない組み合わせを見つけれてしまえばそれで十分です。

ダサくならないための方法

おしゃれじゃなくていいのはわかったけどダサくならないためにはどうすればいいのかと思われていることでしょう。

安心してください。

ダサくならない方法をひとつずつ解説します。

無理をしない

センスがない人が無理をしてダサくなるということが往々にしてあります。

変に背伸びをせず無難な服を選びましょう。

例えば、おしゃれそうなプリントTより無地の胸ポケット付きのTシャツを選ぶなど。

シンプルにまとめる

こちらも無理をしないに近いのですがシンプルにまとめるのも大切です。

デニムにシャツを合わせるだけでも選択を間違わなければそれだけでダサくは見えません。

流行っているからといってとりあえずアクセサリーをたくさん付けるなどは完全NGです。

若い人にありがちなウォレットチェーンも使い方次第でとんでもなくダサくなるの注意してください。

自分に似合う服を見つける

そもそも自分に似合う服がわからないという方も多いでしょう。

正直これが難しいのですがこれさえ出来ればもう安心です。

解決策としては「おしゃれな友人や彼女にアドバイスをもらう」「雑誌やSNSで自分に似た体型や見た目の人でおしゃれな人の服装を真似する」です。

あとは有名なセレクトショップなどで思い切って自分に似合う服は何か聞いて見ましょう。

販売員も洋服を売るのが仕事なので親切に教えてくれるでしょう。

一回ではなく何回か繰り返して聞いてみるとなんとなくこのアイテムがいいかなっていうのがわかってくるはずです。

ダサくならないためのおすすめのアイテム3選

それでは実際にダサくならないためのおすすめのアイテムを3つ紹介します。

デニムパンツ

デニムパンツは誰でもコーディネートしやすい上に似合わない人がほとんどいない有能なアイテムです。

デニムは1本持っていればかなり活躍出来るので絶対に持っていたほうがよいアイテムのひとつでしょう。

その中でもおすすめのなのはリジッドデニムと呼ばれる洗いがかかっていないノリが付いたままのものかワンウォッシュのものです。

ダメージジーンズやブーツカットなどを無理に挑戦して失敗するケースが多いので注意しましょう。

ポケT

ダサくなってしまうリスクのあるプリントTを選ぶなら胸ポケット付きのポケTを選択したほうが無難でしょう。

プリントTが危険なのは別で解説しています。

センスがない人のプリントTは危険です

【初心者必見】センスがない人のプリントTはダサくなる危険大です

ポケットが異素材になっているものなどいろいろなポケTがありますが、何がいいのかわからなければ無地のものを選んで問題ありません。

変にポケットにプリントがしてあるポケTを選ぶことでダサくなってしまうこともあるので注意しましょう。

ニット

ニットは多少のサイズ感であれば誤魔化しのきくかなり優秀なアイテムとなっています。

冬場はデニムに合わせて何着かニットを持っているとかなり重宝するでしょう。

注意点はニットの中でもカーディガンは以外とコーディネートが難しいということです。

インナーに着るアイテムを間違えてしまうと一気にダサくなってしまいます。

無難にクルーネックやVネックのプルオーバーのニットを選びましょう。

ダサくならないために雑誌で勉強する

ダサくならないために雑誌で勉強するのもよいでしょう。

管理人が若い頃は雑誌を何冊も購読して結構な出費になっていました。

しかし、今ではファッション雑誌も定額で読み放題の時代です。

最高の時代ですね。

ファッション雑誌が読み放題のツールを2つ紹介します。

Dマガジン

管理人も利用しているのがこのDマガジンです。

主要なメンズファッション雑誌はほぼ揃っていて何も言うことはありません。

もちろんメンズのファッション雑誌だけではなく、週刊誌からビジネス雑誌まで豊富に取り揃えています。

それでいて月額 400円で読み放題。

最強過ぎます。

初回は31日間無料なので試してみるだけ損はないですね。

楽天マガジン

楽天ユーザーの方には楽天マガジンもおすすめです。

支払いに楽天ポイントが利用出来るため期間限定で使い道に困っている時などは楽天マガジンに使用できるのは嬉しいですね。

料金は月額 380円で読み放題と20円だけですがdマガジンよりも安くなっています。

また、年間プランでは一括で支払えば2ヶ月分お安くなるので嬉しい限りです。

こちらも初回は31日間無料です。

Yahoo!プレミアム読み放題

Yahoo!プレミアム会員になるともれなく読み放題のサービスが含まれています。

先の二つより登録されている雑誌は少ないですが漫画も3万冊読み放題になっているので漫画好きの方にはよいかもしれません。

PayPayモールでの買い物でYahoo!プレミアム会員のかたはボーナスポイントを獲得できます。

PayPayモールでの買い物を頻繁に行うかたにもこちらはおすすめです。

まとめ

今回はおしゃれの必要性についてお伝えました。

おしゃれが出来ればいうことないですが、あまり得意ではない人にとってそこまで頑張る必要がないとなれば幾分気が楽になることでしょう。

なぜおしゃれをするのか理由を明確にしてこれからも程よくおしゃれを楽しんでください。

シェアしたいボタンをクリック