【考察】アフターコロナにファッションがどう変わるかを予想する

アフターコロナのファション

コロナウイルスの影響で私たちの生活は一変しました。

身近だった海外旅行もとても遠いものに感じています。

管理人も年2回は海外に行っていたのですが、近いと感じていた東南アジアの国々に再び行けるのはいつのになることやら。

コロナの影響による生活様式の変化でファッションに与えた影響もとても大きなものになりました。

コロナ下のファッション

コロナ下の外出自粛の影響もあって洋服の売り上げは軒並み減っているようです。

外出する機会が減り、人との接触も極端に減った今おしゃれをするモチベーションが減少しても仕方がないことです。

「ファッションは自己満」だと考えている人でも、実際に誰とも会うことがなければそこまでこだわらなくなってしまうのは当然ですよね。

テレワークの推進もあり会社に行く機会が減った人もいるでしょう。

そして家でスウェットやフリースなどの部屋着で過ごすのも自然な流れです。

不況の影響で支出が減少する中でコストカットの対象となるのがファッションであるのも仕方がないのかも知れません。

アパレル の現状

アパレル 大手のレナウンが経営破綻というショッキングなニュースまで聞こえてきました。

友人、知人のブランドや地方のお店の話を聞いてもそれまで好調であったところでも少なからず影響があるという声は聞こえてきます。

そんな中でもEC(ネットッショップ)の売り上げは好調だという話はよく聞きます。

元々ECに力を入れていたお店は助かっているかも知れません。

あと、ステイホームの影響でスウェットやフリースなどの部屋着の売り上げは好調とのこと。

アフターコロナでファッションはどう変わるのか

アフターコロナのファッションも消費者の購買意欲はすぐには回復しないというのが管理人の予想です。

景気の回復も長い時間が必要となるでしょうし、そうなると支出は必然的にカットされます。

ファッションにかける支出も簡単には増えていかないのではないでしょうか?

アフターコロナのアパレル

アパレル はますますECに力の比重を移行していくことになりそうです。

コロナ下でECに慣れた消費者の需要はコロナ後も継続して増えていくことでしょう。

ECでの販売強化に向けSNSやオウンドメディアによるWebマーケティングがアフターコロナのアパレル の勝敗を左右しそうです。

ファッションの二極化

アフターコロナでファッションは大きく2つに別れると予想されます。

ユニクロなどいわゆるSPA型ファストファッションの需要がさらに増すでしょう。

対してデザイナー系ブランドや固定ファンが多いブランド(コム・デ・ギャルソンのようなハイファッション)はファッショニスタの指示を得てなんとか生き残りの道を見つけることが出来るのではないでしょうか。

一番苦しいのは百貨店などのミドルプライスのブランドやセレクトショップのオリジナル商品などです。

デザイン的にもファストファッションと特段差がなく、消費意欲も低下している中であえて選ばれることはなくなっていくでしょう。

まとめ

今はファッション業界においてもとても暗い時期となっています。

なかなか終息の目処もなく暗い時期は続きそうです。

そんな中でもWebなどで出来ることをやっていきアフターコロナに備え、再び華やかなファッション業界になることを願っています。

シェアしたいボタンをクリック