映画『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』レビュー

映画『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』レビュー

こんにちはre:Fashion管理人です。

今回は映画『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』のレビューとなります。

この映画はファッション映画でありながら自己啓発のようでとても元気をもらえる映画となっています。

それでは早速見ていきましょう。

あらすじ

この映画はニューヨークの60代以上のおしゃれマダムを描いたドキュメンタリー映画となっています。

元々は仕掛け人であるアリ・セス・コーエンがおしゃれマダム中心のブログを始めたことがきっかけで書籍化とこちらの映画化に繋がりました。

ファッションにこだわりのある7人が主役でとてもパワフルである意味パンクなマダム達です。

それぞれが皆個性あふれる登場人物となっています。

主役の7人はこちらです。

  • シポラ・サラモン(62)
  • ジョイス・カルパティ(50)
  • リン・デル・コーエン(79)
  • デボラ・ラポポート(67)
  • イロナ・ロイス・ススミキン(93)
  • ジャッキー・タジャー・ムルドック(81)
  • ゼルダ・カプラン(95)

この7人のマダムが自らのファッション感について語るだけのドキュメンタリー映画ですがあまりにも個性が強いがゆえにそれだけでかなり見応えのある内容となっています。

それぞれどのような人物か簡単に見ていきましょう。

シポラ・サラモン(62)

着ている服を見せびらかすために自転車に乗っているちょっとクレイジーな一面もある62歳のパワフルなマダムです。

コーディネートが台無しになるからヘルメットは被らないという徹底ぶりです。

ジョイス・カルパティ(80)

若く見えるより魅力的に見えたいという年齢を超越した80歳のマダムです。

ハートスマガジン社に勤務するビジネスウーマンでした。

まだまだ雑誌社に女性が少ない時代に活躍した一人です。

リン・デル・コーエン(79)

42年もブティックを経営している根っからのおしゃれマダムです。

センスのない人をおしゃれにするスタイリストとしての役目も果たしています。

デボラ・ラポポート(67)

お金がなくてもおしゃれができると考えるプラス思考マダムです。

トイレットペーパーの芯を使用してブレスレットを作るクリエイターでもあります。

イロナ・ロイス・ススミキン(93)

今のファッションはなんでもありと語るように自分の髪の毛でつけまつげを自作するアーティストマダムです。

ジャッキー・タジャー・ムルドック(81)

アポロ劇場の最初のダンサーの1人だったマダムです。

ゼルダ・カプラン(95)

アフリカを旅して自らデザインするための生地を探す旅人マダムです。

レビュー

レビュー
出典:ADVANCED Style

ファッションに年齢など関係なく誰もが楽しめるツールであるというのをわからせてくれる映画となっています。

ファッション映画でありながらマダム達から人生を楽しむことを学べる自己啓発映画のようでもあります。

また年齢など関係なく何にでも挑戦できるというメッセージが込められているのかも知れません。

この映画のきっかけであるブログの影響で高齢にしてランバンのモデルに抜擢されたマダムがいることからもそれを証明していますね。

『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』を見るには

こちらはDVDでの視聴が可能です。

Advanced Style–ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ

こちらはブログを書籍化した第一弾。

Advanced Style Older & Wiser

こちらが第二弾。

Advanced Love~上級者カップルの愛とファッション Advanced Style

第三弾はカップルでの登場です。

まとめ

今回は映画『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』のレビューを行いました。

挑戦することを諦めようとしていた方には何を諦める必要があるのかと分らせてもらえる映画となっています。

30代、40代で遅いなんて言ってられないですね。

今からでもしたいことは何にでも挑戦する気持ちを持ち続けたいと思います。

シェアしたいボタンをクリック