スラックス(パンツ)についてシルエットなどわかりやすく解説します

スラックス(パンツ)についてシルエットなどわかりやすく解説します

こんにちはre:Fashion管理人です。

管理人

今回はスラックスについてです。

スラックスといってもパンツに共通なシルエットやライズについての解説となります。

この機会に是非スラックス・パンツのシルエットなどについて学んでみてください。

それでは解説していきます。

スラックスとは

スラックスとは

スラックスはアメリカ発祥の言葉で元々は軍隊の俗語として使われていました。

ゆるいなどの意味があるslackが名前の由来。

現在はアメリカでもほとんど使われることがないとのこと。

この記事でのスラックスはパンツ全体という扱いで使用していきます。

トラウザーズ

トラウザーズはイギリスでのパンツ類の総称。

日本ではスーツの組下として使用されることが多いです。

パンツ

パンツはアメリカでのパンツ類の総称でパンタロンが語源。

現在はカジュアルなモノをパンツと呼ぶことが一般的ではないでしょうか。

日本ではトラウザーズの対語として使われることが多いです。

パンタロン

フランスでのパンツ類の総称。

16世紀イタリアの道化師パンタローネが語源。

日本ではフレアパンツをパンタロンと呼ぶことが多い。

ズボン

日本で使われるパンツ類の総称。

ズボンの語源とされる説はいくつかあり、ひとつに「ずぼん」と穿く擬音から名付けられたというものがあるらしいです。

管理人

わかりやすくていいですけどね。

ズボンと呼ぶ方は昔よりは減ってきているのではないでしょうか。

シルエット(ライン)について

シルエット(ライン)について

スラックス・パンツにおいて最も重要なのがシルエットすなわちラインです。

このラインによってどのパンツに分類されるか決められことになります。

基本的なライン4つを紹介します。

テーパードライン

スーツなどのスラックスでは最もオーソドックスの型とされているのがこのテーパードラインです。

最近ではカジュアルなパンツもテーパードパンツとしてよく見られますね。

テーパードとは裾へ向かって細くなる裾細り型のシルエットを指します。

ストレートライン

名前の通りヒップの下から裾までがまっすぐな直線型のシルエットをストレートラインと呼びます。

デニムなどカジュアルなアイテムにストレートラインは多く見られます。

フレアードライン

裾広がりのシルエットの総称。

裾の広がり方によって別の呼ばれ方をすることもあります。

膝下で広がるのを「ベルボトム」、ブーツを履いた時キレイに見せるように広がるのを「ブーツカット」などと呼びます。

フランス語で「トラペーズライン」と呼ぶことも。

ワイドライン

ストレートのモノをさらに太くしたシルエットをワイドラインと呼びます。

ワイドラインのモノはワイドパンツとして販売されるが普通です。

ライズについて

ライズについて

スラックス・パンツにおいてウエストの高さライズも重要な要素のひとつです。

基本の3ライズを見ていきましょう。

ハイウエスト

通常より股上が深いモノをハイウエストと呼びます。

クラシカルな雰囲気が特徴です。

レギュラー

股上の高さがウエストラインに設定されたオーソドックスなモノがレギュラーです。

ローライズ

通常より股上が浅いモノをローライズと呼びます。

最近のカジュアルパンツはローライズ気味に設定されているモノが主流です。

まとめ

今回はスラックス・パンツについていろいろと解説しました。

スラックスのシルエット、ラインはコーディネートのスタイルを左右する重要な要素なのでうまく使い分けるように出来るといいですね。

シェアしたいボタンをクリック