パターンについてわかりやすく解説します【ファッショントリビア】

パターンについて詳しく解説します

洋服を学んだことがある人はパターンについて当然のように知っていますが、一般の方にはあまり馴染みがないものかと思います。

今回はパターンのことをよく知らない人のためにもパターンについてわかりやすく解説します。

パターンとは?

パターンは布から洋服を作成するための型紙のことを指します。

この型紙によって洋服のシルエットやサイズ、デザインが決定されます。

平面の布地にダーツやタック、ギャザーと言った要素を加え立体的にするのがパターンの役目です。

パターンの作成方法

パターンを作成するには平面と立体での2種類の方法があります。

平面での作図

パターン作成といえばこちらが基本でしょう。

手書きでパターンを作成する方法もありますが現在はCADというソフトを利用した方法が一般的です。

少数派ではありますがイラストレーターなどのデザインソフトを利用してパターンを作成する方もいます。

パターンを作成する専用の紙に手書きもしくはCADで作成したパターンを出力し、それらをカットして型紙として使用します。

立体裁断を利用したパターンの作成

トルソーという人型の人形を利用して布を直接巻き付け形にし、それを元にパターンを作成する立体裁断という方法もあります。

こちらは既製服などではあまり一般的ではありませんが、オーダーメイドのドレスやウエディングなどで取り入れる場合があるでしょう。

パターンはどこで学べる

スカートなど簡単なパターンであれば洋裁の本などを購入して付属しているパターンなどを参考に作成することも可能でしょう。

しかし、ジャケットなど複雑なパターンになると独学では厳しいこともあると思いますのでファッションの学校などで学ぶのが一般的でしょう。

まとめ

普段着ている洋服の「着やすい」「着やすくない」といった着心地はパターンの出来にかかっています。

そのことからもパターンは洋服にとっていかに重要なものかがわかるでしょう。

また、アパレル 関係でない方もパターンを知ることで洋服に対する深みが増します。

デザイナーズブランドなどの洋服では切替をデザインとシルエットの両面で生かしていたりと非常に興味深いので、パターンを知ることで洋服の見方にも変化が生まれることでしょう。

シェアしたいボタンをクリック