立体裁断についてわかりやすく解説します【ファッショントリビア】

立体裁断について

あなたは立体裁断というのをご存知でしょうか?

ファッション関係の方以外あまり馴染みのない言葉かと思います。

立体裁断の商品というのを見たことはあるけどなんのことかはよくわからないという人も多いでしょう。

今回は誰にでもわかりやすいように立体裁断について解説します。

立体裁断とは

立体裁断って名前は職人ぽくてかっこいいですよね。

名前からもなんとなく想像がつく人も多いかも知れません。

そうです、立体裁断とは立体(トルソー)の上で布を裁断してパターンを作成する方法をいうんですね。

トルソー

トルソーとは

人の形をした布製の人形のことをトルソーと呼びます。

立体裁断はこちらに布をピンで刺したり布を裁断して洋服の形を形成していきます。

立体裁断と平面作図の違い

パターンの作成方法には主に2種類があります。

『立体裁断』『平面作図』ですね。

立体裁断と平面作図の違いを簡単に解説します。

立体裁断はトルソーに布を巻きつけたり裁断をしてそれを平面におこす「立体から平面」へのパターンの作成方法です。

反対に平面作図はCADなどを利用して「平面のパターンを作成してから立体」にするパターンの作成方法となっています。

パターンについてはこちらでも解説しています。

パターンについて詳しく解説します

パターンについてわかりやすく解説します【ファッショントリビア】

立体裁断のメリットとデメリット

最後に立体裁断のメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

メリット

立体裁断はボディに直接布を巻きつけて作業していくので直感的にパターンを作成できます。

また、人体に布を沿わせて作業することでドレープなどの流れを視覚的に確認できるのも特徴です。

ウエディングドレスなどの特注の一点ものには立体裁断は最適です。

デメリット

量産するアイテムの場合、サイズ展開をするグレーディングが必要となるため紙のパターンが絶対に必要です。

そのため、立体裁断をして布のパターンを作成してもそれを剥がしてさらに平面のパターンを作成する必要があります。

単純に作業量が倍かかってしまいます。

平面作図はCADを使用して効率的に作成することが可能なので作業時間だけでみると圧倒的に差があります。

まとめ

一般の人にはあまり馴染みのない立体裁断ですが、立体裁断の商品を見た時にここが立体で作成されているんだなとわかるとおもしろいかも知れません。

立体裁断の商品は一般的にはそれほど多くないので目にした時はいろいろ見てみるとよいでしょう。

最後に立体裁断の母的な人『マドレーヌ・ヴィオネ』のご紹介です。

マドレーヌ・ヴィオネは立体裁断を利用して『バイアスカットの女王』と呼ばれたデザイナーです。

マドレーヌ・ヴィオネ(Madeleine Vionnet、1876年6月22日-1975年3月2日)は、フランスの女性ファッションデザイナー。バイアスカットの女王と呼ばれる20世紀を代表するデザイナーの一人である。

wikipedia

気になる方はこちらをどうぞ。

シェアしたいボタンをクリック